鳥虫GIGA

野鳥と昆虫のショートコラム

オオキノコムシ

久しぶりに宝塚市北部の西谷まで足をのばしてみました。コロナ禍の自粛ムードが取れたせいか、心なしかいつもよりハイカーの姿が多い気がします。トンボ撮りに来たのですが、他もいくつか撮りました。

メインの写真はオオキノコムシ(ミヤマオビオオキノコ)といってキノコを食べる甲虫です。なので倒木の上にいました。なかなかきれいな模様です。

2つ目はオサムシ。地面を這いずり回って、虫やミミズなどを襲って食べます。地面ばかり歩いて飛ぶ必要がなくなったらしく、翅が退化して飛べません。手塚治虫の名前の由来の昆虫です。

最後はシマヘビ。水辺のカエルを狙っています。シマヘビって、しげしげ見たことはなかったですが、眼がこんなに赤いんですね。

次へ 投稿

前へ 投稿

© 2020 鳥虫GIGA

テーマの著者 Anders Norén