鳥虫GIGA

野鳥と昆虫のショートコラム

虫たちを「自分図鑑」に

本日撮った虫たち

ホソミオツネントンボ

個人的にイトトンボの仲間は、一番親近感を感じます。美しいけど、ふわーとした弱々しい感じ、しかしながら成虫で冬を越す強者で、冬の間褐色なのに春になるとこのような青色になります。
ホソミオツネントンボ

キリギリスの幼生

不完全変体のキリギリスの子ども(幼生)。綿毛の大きさからキリギリスの幼生の小ささがわかってもらえると思います。それが夏にはご存知の大きさになります。
キリギリス

ミナミホソヒラタアブ

ヘビイチゴの花に止まるミナミホソヒラタアブ。全長1センチにも満たない小さな虻です。
ミナミホソヒラタアブ

ギフチョウ

GWのシーズンに珍しくギフチョウに会いました。今年は発生が少ない気がしましたが、1ヶ月遅れでラッキーでした。
ギフチョウ

クマバチ

梅に鶯、松に鶴というくらいマッチする藤にクマバチ。ブンブン飛び回りますけど、刺しに来ることはありません。

次へ 投稿

前へ 投稿

© 2020 鳥虫GIGA

テーマの著者 Anders Norén