鳥虫GIGA

野鳥と昆虫のショートコラム

コオロギとキリギリス

むざんやな甲の下のキリギリス

松尾芭蕉の有名な俳句です。この場合のキリギリスというのは、現代のわれわれが知っているキリギリスではなく、コオロギのことです。昔はコオロギはキリギリスと言われてたようです。

確かに、古戦場に転がっている甲の陰で緑色のキリギリスが「スイッチョン!」という元気な声が聞こえては、この俳句の味わいは台無しです。暗い色のコオロギが「コロコロ」と鳴いてこそ、この句の世界観でしょう。

ただ、普通のバッタとこの2種ということで言うと、割と近い関係です。確かに触覚が長さとか、足に発達具合は親戚感があります。

次へ 投稿

前へ 投稿

© 2020 鳥虫GIGA

テーマの著者 Anders Norén