鳥虫GIGA

野鳥と昆虫のショートコラム

ミヤマアカネ

赤とんぼ考

今日は急に清々しい秋らしい日になりました。

陽が早く傾くようになった田んぼの空に赤とんぼが飛ぶ、、、日本の代表的な秋のイメージです。

その時に登場する赤とんぼが、アカネ族の金看板のアキアカネです。狭義に赤とんぼということ時はこのアキアカネを指します。アキアカネは、初夏頃に平地で羽化し、夏の期間は暑さを避けて、一旦山に登ります。秋が深まる(10月頃)と再び平地の田んぼに降りてきて産卵します。

アキアカネも他の赤とんぼ同様に、雄が成熟とともに赤味が出てくるで、初夏の段階では、雌と同じ黄色っぽい色合いをしています。ですから、人は秋になって急に赤とんぼが発生したように思うわけです。

近年温暖化などの関係で、稲刈りの季節が10月中頃から9月末に早まってきました。今、まだ陽の長い黄色くなった稲穂の上を飛んでいるのは、多くはウスバキトンボという、真夏系のトンボです。これって、アキアカネにとっては、種の存亡に関わる重大な問題なんですよね。

※写真は同じあかね族のミヤマアカネ

次へ 投稿

前へ 投稿

© 2020 鳥虫GIGA

テーマの著者 Anders Norén