鳥虫GIGA

野鳥と昆虫のショートコラム

ツマグロヒョウモン

街に一番増えた蝶

ツマグロヒョウモンは、公園でよく飛んでる蝶です。鳥や虫にしては珍しくメスの方が美しい(派手な)です。メスだけが、毒を持っているカバマダラという蝶に擬態しているからだそうです。毒がありそうにアピールすることで天敵の鳥から狙われないようにしようとする高等戦術なんです。

ところで、子どもの頃はモンシロチョウが一番スタンダードな蝶だったと記憶しているのですが、最近は、ツマグロヒョウモンの方が見る機会が多くなった気がします。おそらく「食草」の関係でしょう。「食草」というのは、蝶が幼虫(青虫/毛虫)の時に食べる植物のことで、モンシロチョウは、白菜や菜の花のようなアブラナ科の植物ですが、ツマグロヒョウモンは、スミレ科の植物です。昔は田んぼの近くに菜花系の野菜を植えていたのが、宅地化されて、園芸用のパンジーなどが増えたせいで、このような逆転現象になったのでしょうね。

逆にいうと「食草」があると、「えっ、こんな環境にこの蝶がいるの?」というのが飛んでいる時があります。阪神間の山手の住宅街は、蘇鉄を植える大きめの庭のある住宅があるためか、クロマダラソテツシジミという蘇鉄を「食草」にするシジミチョウも繁殖しているようです。プラス温暖化の影響もあるかもしれないです。

次へ 投稿

前へ 投稿

© 2020 鳥虫GIGA

テーマの著者 Anders Norén