鳥虫GIGA

野鳥と昆虫のショートコラム

ヌートリア

新しい年がはじまりました。今年は干支でいうと子年、つまりねずみ年です。新年にふさわしいネズミの写真の探して見たのですが、ぜんぜんありません。というか、ネズミ自体を撮影したことがないようです。分類上ネズミ目までさかのぼって、やっと見つけたのがこのヌートリアです。

ヌートリアは、河川の堤防などに穴を掘って住んでいる哺乳類で、後ろ足に水かきが付いていて泳ぎも達者です。元々南米から皮革の利用ために連れて来られた外来種です。この投稿のため少し調べたところ、東日本にはあまり分分布していないらしく、兵庫県には、特に多く棲みついているようです。どうりでよく見かけるわけです。

河原で見る哺乳類と言えば、このヌートリアとイタチです。イタチは、オレンジ色に見えます。考えようによってはかわいい?と言えます。ヌートリアは、ドブネズミ色というか、あまり美しい色ではありません。以前は、舶来溝鼠(はくらいどぶねずみ)というありがたくないネーミングもされていたようです。なお、中国では食用にもされているそうです。中華料理で食べられないものはありませんから。

次へ 投稿

前へ 投稿

© 2020 鳥虫GIGA

テーマの著者 Anders Norén