鳥虫GIGA

野鳥と昆虫のショートコラム

キビタキ

本日はカメラを持ち替えて、塩尾寺付近まで出向きました。しかしながら、午前中は、時折雨がちらつくあいにくの天気です。昨日のオオルリもそんなにうまくは出てきてくれません。

代わりに登場してくれたのが、キビタキです。同じヒタキの仲間のルリビタキと入れ替わりに春から夏に日本に来ます。新緑が似合う黄色いボディの鳥です。秋には東南アジアに帰って行きます。

最後の写真は相思鳥。こちらは中国/アジア出身ですが、渡り鳥でなく、外来種として棲みついてしまった鳥です。青虫を何匹も咥えて巣に持って帰るところでしょう。

勝手に考えれていることですが、今回のコロナ感染で北米やヨーロッパより、アジアの国々が、死亡率が低いのは、東南アジア?日本列島?中国という渡り鳥のルートにのって、細菌やウィルスが運ばれ来て、過去にも同じようなタイプの病原体に感染したことによるなんらかの免疫的な作用が関係してるんじゃないかと思うのです。。。まったく専門家じゃないので、、、

次へ 投稿

前へ 投稿

© 2020 鳥虫GIGA

テーマの著者 Anders Norén