鳥虫GIGA

野鳥と昆虫のショートコラム

オオヨシキリ

にぎやかな河原の鳥

毎年この河原でオオヨシキリのにぎやかな鳴き声を聞くと初夏の気配を感じます。ほんの一時期ですが、夏のセミの鳴き声と比べても負けないほどの大きな声で鳴きます。しかも、音域が広いです。サギのような低い声から、UFO襲来の時の擬音のような高い音まで聞こえます。おそらく、囀りと地鳴きが同じような場所から聞こえるからかなと思っています。

写真は、人間でいうと「喉仏まで見えてしまいそう」に鳴いている姿です。オオヨシキリは、夏にやってくる渡り鳥で5月~6月が繁殖期です。秋になるとまたどこかで飛んでいってしまうんでしょうけど、ここで繁殖するということは、彼らは日本生まれで、しかもこのこの付近出身ということになりますね。同郷だなと、、、とか、妙なことに感心してしまいます。

次へ 投稿

前へ 投稿

© 2020 鳥虫GIGA

テーマの著者 Anders Norén